前へ
次へ

歯医者で麻酔を打った後に注意する点

歯医者で麻酔を使って治療を受けた場合、基本的に言って麻酔が効いている間の食事は避けるのが望ましいと言われています。なぜなら、麻酔がまだ効いている状態では、口の中の感覚が鈍くなっているため、仮に誤って噛んだとしても痛みを感じず、いつの間にか出血していたということにもなりかねないからです。場合によっては、噛んでしまった所が口内炎になってしまうことさえあります。また麻酔が完全に切れていないうちに熱い物を食べて、火傷に気づかないこともあるでしょう。麻酔が切れるまで我慢できない時には、以下の点に注意しながら食事をすることができます。例えば、麻酔が効いていない側の歯で噛んだり、できるだけ柔らかい物や熱くない物を選んで食べることができます。特に歯医者で治療を受けたのが子供である場合、大人と違って自分で注意することは難しいため、親がしっかりと見届けてあげることが必要です。その際には適温の物にすること、また食べやすい大きさにカットして噛む回数を減らしてあげるなど、少しの工夫をするなら子供も歯医者での治療後でも比較的安全に食べることができます。

Page Top